ニーズの高い職業

婦人

心理カウンセラーとは、心理的なケアやカウンセリングを行う職業全般のことをさします。心理カウンセラーという資格は存在しないため、極論をいえば心理カウンセラーと名乗れば心理カウンセラーになれるともいえますが、多くの場合は何らかの形で資格をもっていないと働くことは難しいです。心理カウンセラーとして働くときに持っているとよい資格としては、臨床心理士、精神保健福祉士、認定心理士、産業心理士など様々なものがあります。これらは、大学院で学び試験に合格しないと取得できないものから、学校を卒業するだけで取得できるもの、申請するだけで取得できるものまで難易度や知名度は様々です。そのため、働きたいならばそれぞれの資格のメリットやデメリットについて考えて行動していく必要があります。

心理カウンセラーが資格や職業として人気の理由は、社会的需要の増加です。現代は、子供から老人まであらゆる年代、タイプの人が心を病むようになった社会のため、心のケアを行う職業の必要性が非常に高くなっています。学校にはスクールカウンセラーのニーズがあり、企業には産業心理カウンセラーのニーズがあり、老人福祉施設にもニーズがあります。ありとあらゆるところで必要とされているといっても過言ではありません。そのため、職業としての知名度も高くなってきており、心理カウンセラーを目指す人も増えてきています。各種資格も国家資格にするという流れがあり、その人気に拍車をかけています。今後もこうした流れは進んでいくと考えられます。

PICK UP

カウンセリング

活躍する機会は増えます

経験を得るためにも、心理カウンセラーの資格があったほうがいいです。開業などする時でも、活用できますのであって困るものではありません。今後も心理カウンセラーの需要は高いはずです。活躍する機会は増えていく可能性が高いので、資格はとっておいたほうがいいです。

女性

心の時代をリードする仕事

心理カウンセラーには様々な資格があり、全て民間資格です。ですから、心理カウンセラーを志す場合には、何のカウンセラーになりたいか、そのためには何が必要か見ていきましょう。今はまだその役割が確定していない面のある心理カウンセラーですが、今後は存在意義が高まり、近い将来には国家資格が誕生することでしょう。

カウンセリング

学校という現場の悩み相談

心理カウンセラーのニーズは大人も子供にも幅広く広がってきました。その資格は大学院卒業の資格を有するものから、各カウンセラー協会の養成講座を受講して得られるものまで多様化しています。ニーズにあった資格を得ることが大切です。

Copyright© 2017 心理カウンセラーの資格を取得して医療現場で活躍する All Rights Reserved.