学校という現場の悩み相談

カウンセリング

生徒たちの相談相手

近年では、教育現場において教諭、養護教諭にも話せない悩みを生徒が相談する、スクールカウンセラーという心理カウンセラーがあります。この場合の資格としては、臨床心理士が心理カウンセラーとして配置されることが多いです。臨床心理士は臨床心理士になるための講座を設けている大学院を終了することで受験資格が得られます。合格後臨床心理士として学校ほかあらゆる分野で働くことができます。最近では、学校での心理カウンセラーのニーズも高まってきたことから、学校心理士という資格もあります。こちらは学校の管理職・教育行政職として心理教育的援助サービスにおいて、指導的な立場で3年以上の経験を持つ人なども申請して認められれば、スクールカウンセラーとして働くことができます。

働く人たちの相談相手

学校ばかりでなく、今は働く人たちの中にも悩みを抱えて休職、退職となってしまうケースも増えてきました。特に保護者や生徒、職員同士の関係性に悩んで辞めていく先生も増えているのが現状です。公立の学校などは休職の制度がととのっていますので、精神科などでしっかりと治療するケースもあります。私立の学校や企業等では、産業カウンセラーが常駐、または一定の時間に常駐するケースもあります。産業カウンセラーという心理カウンセラーは、臨床心理士と比べて受験資格もハードルが低いです。大学で資格を取るための指定された科目を取得していれば受験資格が得られます。また大学を卒業していなくても産業カウンセラー協会の養成講座を終了していれば受験資格が得られます。

PICK UP

カウンセリング

活躍する機会は増えます

経験を得るためにも、心理カウンセラーの資格があったほうがいいです。開業などする時でも、活用できますのであって困るものではありません。今後も心理カウンセラーの需要は高いはずです。活躍する機会は増えていく可能性が高いので、資格はとっておいたほうがいいです。

女性

心の時代をリードする仕事

心理カウンセラーには様々な資格があり、全て民間資格です。ですから、心理カウンセラーを志す場合には、何のカウンセラーになりたいか、そのためには何が必要か見ていきましょう。今はまだその役割が確定していない面のある心理カウンセラーですが、今後は存在意義が高まり、近い将来には国家資格が誕生することでしょう。

カウンセリング

学校という現場の悩み相談

心理カウンセラーのニーズは大人も子供にも幅広く広がってきました。その資格は大学院卒業の資格を有するものから、各カウンセラー協会の養成講座を受講して得られるものまで多様化しています。ニーズにあった資格を得ることが大切です。

Copyright© 2017 心理カウンセラーの資格を取得して医療現場で活躍する All Rights Reserved.