最適な勉強法で

勉強

活躍の場は沢山ある

柔道整復師とは筋肉や骨格の不調を緩和・治療する専門家です。国家資格であり専門学校や大学に通わなければ、受験資格を得ることはできません。国家資格合格して晴れて柔道整復師となることができます。医療人となった後、主な役割は骨折や関節のトラブルに対し機能を回復する事をサポートすることです。同じ様に機能回復を生業とする理学療法士という国家資格がありますが、その資格だけでは独立することはできません。また、似た仕事で整体師やマッサージ師がありますが、保険適応の施術を行う事はできません。柔道整復師は他の医療資格とは違い、独立して保険適応の施術を行う事ができます。就職先は、スポーツトレーナーや介護分野にも広がりをみせています。

目標に合わせて選べる

柔道整復師は文部科学大臣指定または、厚生労働大臣指定の大学か専門学校に入ることが必要です。柔道整復師の学校は多く、全国で100以上ありますが、その内大学は10校以下で少ないです。ほとんどが専門学校で3年制となっています。専門学校では文部科学省や厚生労働省で定められたカリキュラムを履修するのですが、学校により柔道整復師になった後の専門性に特色を出しています。活躍の場はスポーツトレーナーや選手の専属トレーナー、介護施設のリハビリや美容に携わったりと様々です。トレーナーになりたいなら、スポーツに関するカリキュラムを設けている専門学校を。リハビリ・美容なら医療分野に特化したカリキュラムをと、専門学校により目標に沿った知識や技術を学べます。

PICK UP

カウンセリング

活躍する機会は増えます

経験を得るためにも、心理カウンセラーの資格があったほうがいいです。開業などする時でも、活用できますのであって困るものではありません。今後も心理カウンセラーの需要は高いはずです。活躍する機会は増えていく可能性が高いので、資格はとっておいたほうがいいです。

女性

心の時代をリードする仕事

心理カウンセラーには様々な資格があり、全て民間資格です。ですから、心理カウンセラーを志す場合には、何のカウンセラーになりたいか、そのためには何が必要か見ていきましょう。今はまだその役割が確定していない面のある心理カウンセラーですが、今後は存在意義が高まり、近い将来には国家資格が誕生することでしょう。

カウンセリング

学校という現場の悩み相談

心理カウンセラーのニーズは大人も子供にも幅広く広がってきました。その資格は大学院卒業の資格を有するものから、各カウンセラー協会の養成講座を受講して得られるものまで多様化しています。ニーズにあった資格を得ることが大切です。

Copyright© 2017 心理カウンセラーの資格を取得して医療現場で活躍する All Rights Reserved.