心のケアを専門にする職業

勉強

暴飲暴食や人間関係の難しさ、生活環境の乱れや不眠不休がストレスを生み出し心身のバランスを乱していきます。心のバランスが乱れてしまうと専門医の指導が必要となりますが、そのケアを行うのが心理カウンセラーです。心理カウンセラーは専門知識を身に付け、一定の経験を積めば誰でもなれます。心理カウンセラーは大学や専門学校で心理学を学び、カウンセラーとしての技術を身に付ける事ができます。実践は企業や学校、団体等に属して積んでいくため、経験があってはじめて心理カウンセラーとなれます。学ぶ時の注意点は目的を明確にする事であり、どの様なケアを行いたいのか決める事です。目的を明確にしないとケアがあやふやとなり、就職口を狭める事になります。

日本では年間数万人が心理カウンセラーを必要としており、その数は年々増加傾向にあります。ストレス過多の時代で快適に暮らすためには、寄り添い話を聞くカウンセラーは必要不可欠です。日本人のストレス環境も時代とともに変化しているため、時代に即した最適な方法を用いる事が大切です。そのためにも心理カウンセラーとなったら日々勉強が必要であり、何ができるのか常に模索する姿勢が大事です。心理学の世界では相手の気持ちをくむため、言動や行動に注目してカウンセリングを行います。わずかな仕草でも見逃さずキャッチする必要があるため、なかなか出てこない相手の本音を引き出す必要があります。また無自覚で自分自身が分かっていない場合もあるため、強い言い方は避け導くように語りかけます。

PICK UP

カウンセリング

活躍する機会は増えます

経験を得るためにも、心理カウンセラーの資格があったほうがいいです。開業などする時でも、活用できますのであって困るものではありません。今後も心理カウンセラーの需要は高いはずです。活躍する機会は増えていく可能性が高いので、資格はとっておいたほうがいいです。

女性

心の時代をリードする仕事

心理カウンセラーには様々な資格があり、全て民間資格です。ですから、心理カウンセラーを志す場合には、何のカウンセラーになりたいか、そのためには何が必要か見ていきましょう。今はまだその役割が確定していない面のある心理カウンセラーですが、今後は存在意義が高まり、近い将来には国家資格が誕生することでしょう。

カウンセリング

学校という現場の悩み相談

心理カウンセラーのニーズは大人も子供にも幅広く広がってきました。その資格は大学院卒業の資格を有するものから、各カウンセラー協会の養成講座を受講して得られるものまで多様化しています。ニーズにあった資格を得ることが大切です。

Copyright© 2017 心理カウンセラーの資格を取得して医療現場で活躍する All Rights Reserved.