就職先や上手な独立方法

女の人

独立に際して

心理カウンセラーとして独立する場合、お客を集めることができるかが大きな問題となります。一定数の顧客を確保できるかを計算することが、独立に際して重要です。その場合考慮したいのが、心理カウンセラーの資格を取ってすぐに独立するのか良いかという点です。社会には、経験も豊富なベテランの心理カウンセラーがたくさんいます。相談者の立場では、豊富な経験のカウンセラーに相談をしたいと考える場合が多いです。どのように自分を周囲に知ってもらい、お客を集めるかという戦略が必要になります。この点を十分に踏まえておかないと、独立を成功させることは大変です。さまざまな媒体を使って広く宣伝したり、最初は無料のカウンセリングを行うなどの方法も考える必要があります。

就職先の種類

心理カウンセラーとしての就職先にはいくつかの種類があります。1つ目は、カウンセリングルームです。2つ目は、公務員の立場で心理カウンセラーの資格を生かすものです。3つ目は、電話カウンセラーとなるケースです。1つ目のカウンセリングルームは、知り合いから誘われて働く場合が大半です。カウンセリングルームは、個人で開業しているケースが多いからです。そのため人材を選ぶことも、開業者の人脈が関係することになります。2つ目の公務員として資格を生かす場合は、家庭裁判所や刑務所、少年院などの法務省に所属するものになります。当然ですが、公務員資格も取得する必要があります。3つ目の電話カウンセラーは、自宅からでもできます。ただし、自分を知ってもらうために宣伝が不可欠になります。

PICK UP

カウンセリング

活躍する機会は増えます

経験を得るためにも、心理カウンセラーの資格があったほうがいいです。開業などする時でも、活用できますのであって困るものではありません。今後も心理カウンセラーの需要は高いはずです。活躍する機会は増えていく可能性が高いので、資格はとっておいたほうがいいです。

女性

心の時代をリードする仕事

心理カウンセラーには様々な資格があり、全て民間資格です。ですから、心理カウンセラーを志す場合には、何のカウンセラーになりたいか、そのためには何が必要か見ていきましょう。今はまだその役割が確定していない面のある心理カウンセラーですが、今後は存在意義が高まり、近い将来には国家資格が誕生することでしょう。

カウンセリング

学校という現場の悩み相談

心理カウンセラーのニーズは大人も子供にも幅広く広がってきました。その資格は大学院卒業の資格を有するものから、各カウンセラー協会の養成講座を受講して得られるものまで多様化しています。ニーズにあった資格を得ることが大切です。

Copyright© 2017 心理カウンセラーの資格を取得して医療現場で活躍する All Rights Reserved.