心の時代をリードする仕事

女性

なりたいものを決めよう

今は心の時代と言われます。職場でもメンタルヘルスの重要性が叫ばれ、心理カウンセラーが注目を集めています。心理カウンセラーの資格を取得するためにはどうしたらよいのか、確認しましょう。一口に心理カウンセラーと言いますが、その種類は様々です。産業カウンセラー、学校カウンセラー、離婚カウンセラー、等々悩みの種類だけカウンセラーはいます。実は、心理カウンセラーは全て民間資格で、国家資格ではありません。ですから、医師や看護師のようにこの資格がなければ業務をしてはいけない、というものではないのです。しかし、中には臨床心理士の資格がないとできない、というものなどもありますので、志す場合には、まずは自分がどの種類の心理カウンセラーになりたいのか、そのためには何の資格を取る必要があるのか、その点を見ていきましょう。民間資格とはいえ、心理カウンセラーは人々の心に寄り添う大切な仕事です。しっかりとした知識と技術を身に着け社会に貢献したいものです。

重用になるその存在価値

現代社会は心の病気や心理的なストレスを抱えている人が多くなっています。そうした人たちをサポートするのが心理カウンセラーで、その存在意義は高まりつつあると言えるでしょう。医療の現場から見れば、まだまだ医師や看護師と比べて、心理カウンセラーの役割や地位は確定しているとは言えません。また、様々な資格があり、統一性に今一つ欠けていることも否めません。しかし、今後は医療現場を始めとする様々なシーンでの心理カウンセラーの役割が確立し、よりその存在意義が認められていくのではないでしょうか。それに伴って、資格の方も整備が進んでいくことが予想されます。おそらく、近い将来心理カウンセラーの国家資格が誕生するのではないでしょうか。心は外からは見えません。それだけに心を扱う人には一定のレベルが求められます。大切な心を預かる仕事は、今後も発展し続けるに違いありません。

PICK UP

カウンセリング

活躍する機会は増えます

経験を得るためにも、心理カウンセラーの資格があったほうがいいです。開業などする時でも、活用できますのであって困るものではありません。今後も心理カウンセラーの需要は高いはずです。活躍する機会は増えていく可能性が高いので、資格はとっておいたほうがいいです。

女性

心の時代をリードする仕事

心理カウンセラーには様々な資格があり、全て民間資格です。ですから、心理カウンセラーを志す場合には、何のカウンセラーになりたいか、そのためには何が必要か見ていきましょう。今はまだその役割が確定していない面のある心理カウンセラーですが、今後は存在意義が高まり、近い将来には国家資格が誕生することでしょう。

カウンセリング

学校という現場の悩み相談

心理カウンセラーのニーズは大人も子供にも幅広く広がってきました。その資格は大学院卒業の資格を有するものから、各カウンセラー協会の養成講座を受講して得られるものまで多様化しています。ニーズにあった資格を得ることが大切です。

Copyright© 2017 心理カウンセラーの資格を取得して医療現場で活躍する All Rights Reserved.