転職の中で人気

勉強道具

取得方法を確認

ソーシャルワーカーは、社会福祉士の国家資格を有している方を指します。ソーシャルワーカーという呼称が一般的になっていますが、ソーシャルワーカーという資格がある訳ではありません。また、ソーシャルワーカーの中でも、特に医療機関で勤務する方を、医療ソーシャルワーカーと呼びます。社会福祉士の国家試験は、比較的多くの方に受験の機会が与えられる制度となっています。社会福祉士は必ずしも医療機関のみで勤務する資格ではありませんが、例として他の医療資格と比較しても、門戸が開かれていると言えます。ソーシャルワーカーの仕事は相談業務がイメージされますが、相談業務は数ある業務の中の一つで、他にも、非常に幅広い業務があります。

道案内役とも言えます

高齢者や、医療機関を受診したくても経済的な理由で躊躇している方、障がいのある方などの相談や支援業務があります。さらに、母子家庭への相談業務では、母子家庭の子供の医療機関受診など、医療を受ける機会の公平性を保つための業務もあります。これらは、相談を受けて答えるという業務内容に合わせて、実際に補助制度を利用できるようになるまで、継続的な指導や助言を行います。社会福祉のすべての分野に精通している必要があり、とても頼りにされる資格です。社会福祉は、生活しているすべての方が必要としているものであり、これからさらに進展する高齢化社会においては、その重要性が増していくものだと言えます。そのため、非常に意義のある資格であると言えます。

PICK UP

カウンセリング

活躍する機会は増えます

経験を得るためにも、心理カウンセラーの資格があったほうがいいです。開業などする時でも、活用できますのであって困るものではありません。今後も心理カウンセラーの需要は高いはずです。活躍する機会は増えていく可能性が高いので、資格はとっておいたほうがいいです。

女性

心の時代をリードする仕事

心理カウンセラーには様々な資格があり、全て民間資格です。ですから、心理カウンセラーを志す場合には、何のカウンセラーになりたいか、そのためには何が必要か見ていきましょう。今はまだその役割が確定していない面のある心理カウンセラーですが、今後は存在意義が高まり、近い将来には国家資格が誕生することでしょう。

カウンセリング

学校という現場の悩み相談

心理カウンセラーのニーズは大人も子供にも幅広く広がってきました。その資格は大学院卒業の資格を有するものから、各カウンセラー協会の養成講座を受講して得られるものまで多様化しています。ニーズにあった資格を得ることが大切です。

Copyright© 2017 心理カウンセラーの資格を取得して医療現場で活躍する All Rights Reserved.